太陽光発電導入を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップ

太陽光発電の導入を検討するにあたりまず何をすればよいか?

あなたは、これから紹介するたった3つのステップを踏むだけで、

 

あなたが太陽光発電を導入するべきか否か、簡単に判断できるようになります。

 

この3つのステップを踏むだけで、
あなたは絶対に損をすることなく、太陽光発電について知ることができます。

 

 

費用は一切かかりません。

 

誰かに会う必要もありません。

 

 

チェック

以下のステップを踏んで下さい。 

 

ステップ1

太陽光発電って何かを知ろう。

 

太陽光発電の一般的なメリットデメリットを確認してください。一般的にどうなのかを確認する程度で結構です。そもそも設置予定場所が太陽光発電に適した場所でなければ意味がないからです。

 

 

 

 

ステップ2

太陽光発電に適しているか調べよう。

 

あなたが想定している太陽光発電の設置予定場所が、本当に太陽光発電を設置するのに適しているかどうか判別するために、一体いくらで設備を導入できるのか、設置したらどのくらいの発電量を得ることができるのかを見極めるために、一括見積もりサイトに見積もり依頼をしましょう。

 

 

 

ステップ3

シミュレーションと見積もりを見てみよう。

 

提出された見積もりとシミュレーションから、導入すべきかどうかを判断します。決めては、損か得かを見極める損益分岐点を知ることであり、その公式を学ぶことです。しっかりと判断基準を明示しています。

 

 

 

 

 

たったこの3つのステップで太陽光発電の導入したほうがよいか悪いかを判断することができます。

 

ステップ1 太陽光発電のメリットとデメリットを知る。

ステップ1

太陽光発電の一般的なメリットとデメリットを確認する

 

ただし、注意していただきたいのは、
これらは、あくまでも一般的なメリットとデメリットだということです。

 

実は、一般的なメリットやデメリットは実際にはあまり重要ではありません。
なぜなら、そもそもあなたが設置を希望している場所が、太陽光発電を導入するのに、適した場所でなければ、メリットもデメリットもないからです。
また、逆に太陽光発電を設置するのに適した場所であれば、デメリットはデメリットでなくなってしまうからです。なので、ここは、さらっと「こんなもんなんだ」程度で読み流して頂ければと思います。大切なのは、ステップ2と3になります。

 

太陽光発電の5つのメリットを確認してください。

 

メリット1 環境面における優位性

太陽光発電は、地球環境に優しいエネルギー源です。
発電することで副産物を一切出しません。また、地球資源も全く消費しません。
これからの電力供給源として無限の可能性を秘めたエネルギー源といえます。

 

 

メリット2 コスト面での優位性(経済性)

太陽光発電を導入することで、発電した電力を使用して、電気代が安くなります。
さらに使いきらなかった電力は、電力会社が買い取ってくれてお金を振り込んでくれます。
つまり、節電と売電収入の二通りの経済的なメリットがあるのです。

 

 

メリット3 緊急時の優位性(非常用電源機能)

停電しても自家発電したら、電気を使うことができます。
東日本大震災以降太陽光発電を導入する方が増えている要因の一つです。
万が一の自然災害にあっても、電気が通っていれば安心です。

 

 

メリット4 電力需要の抑制効果における優位性

計画停電という電力の需給バランスが崩れた時を思い出してください。
電力需要が大きい夏場、計画停電をしないと電気を全体に供給できなくなりました。
一軒の家で貢献できる電力量はごくわずかですが、それでも自家発電した電力を使うことで、
全体的な節電に協力することができるようになります。

 

 

メリット5 送電ロスを抑制できるという優位性

電気は、遠く発電所で作られたものが送電線を通って運ばれてきます。
当然、自宅に着くまでにたくさんのロスが生じます。
太陽光発電は、電力の使用場所の真上、屋根上で発電されますので、
最も送電ロスなく使用することが可能となります。

 

 

 

太陽光発電の3つのデメリットもご確認下さい。

 

デメリット1 比較的高額な設置費用

格段に導入費用は安くなりましたが、それでも100万円単位で初期費用がかかります。
当然、その後経済的なメリットを得られるわけなので、単なる消費とは異なりますが、
導入する決断をするのに、どうしても勇気がいる方が多いでしょう。
大丈夫です。今決める必要はありません。
しっかりと情報を得て安心した上で導入するか判断してください。

 

 

デメリット2 発電量の不安定さ

太陽光発電は、太陽光が当たらないと発電しません。
そのため、雨や曇の日はゼロにはなりませんが、発電量が極端に減ります。
日によって発電量が違うというのは不安に思われることでしょう。
しかし長い目で見ると、日射量というのは、そんなに大きな変化をしていません。
初期費用の回収の目安となる10年単位でものごとを捉えるようにしましょう。

 

 

デメリット3 発電コストの高さ

1kWの電気を発電するために必要なコストが大きいことがあげられます。
それは初期費用がかかることが原因です。
しかし長い期間ほとんどメンテナンス費用はかからずに発電し続けることを考えると、
逆にそんなに高いわけではないことがわかるでしょう。
すでに太陽光発電は十分に価格が下がり、さらに補助金がもらえます。
コストが高いというのは、すでに今は昔の話になりつつあるのです。

 

 

繰り返しになりますが、注意していただきたいのは、

 

これらは、あくまでも一般的なメリットとデメリットだということです。

 

実は、一般的なメリットやデメリットは実際にはあまり重要ではありません。

 

なぜなら、そもそもあなたが設置を希望している場所が、

 

太陽光発電を導入するのに、適した場所でなければ、メリットもデメリットもないからです。

 

また、逆に太陽光発電を設置するのに適した場所であれば、

 

デメリットはデメリットでなくなってしまう可能性があるからです。

 

それを次のステップで確認していただきたいのです。

 

 

次のステップで、いよいよあなたが実際に太陽光発電を導入した結果、

 

得になるのか、損になるのかを見極めることになります。

 

ステップ2 太陽光発電のシミュレーションを取得する。

ステップ2

具体的に太陽光発電を導入したらどんな収支になるか確認するために、見積もりとシミュレーションを取得してください。

 

まずは、コンプライアンスで安心の太陽光見積もりサイトでシミュレーションを取得下さい。

 

太陽光発電は、現在さまざまな業者が進出しています。

 

信頼のできる優良企業から、詐欺まがいの悪徳会社まで本当にさまざまです。

 

そんな中で、どうやったら優良企業と出会えるでしょうか?

 

価格も販売店によってまちまちです。

 

ましてや、まだ導入を決めたわけではなく、

 

導入するかどうかを検証するためにシミュレーションを取得するわけなので、

 

しつこい営業をうけたり、のちのち面倒なことになるのは問題です。

 

安心してください。

 

このサイトでは、簡易見積もりを取得することができます。

 

営業マンが現地調査に来るわけではなく、机上で出す見積もりとシミュレーションです。

 

当然、実際の金額とズレは生じますが、それでも今の段階では簡易で大丈夫です。

 

 

見積もりだけとって導入をやめた方もあれば、最も安く導入した方もあります。

 

見積もりを取ったけれど、今は検討中という方もたくさんあります。

 

絶対にしつこい営業はしません。

 

 

だれでも、安心してシミュレーションを取得していただけます。

 

しつこい勧誘は一切ありません。

 

 

まずは、シミュレーションと見積もりをとることが検討作業のスタートです。

 

あなたの個別な状況を確認することなく、導入を検討することはできません。

 

シミュレーションを見た上であなたにデメリットが大きい場合は、見合わせることもできるし、

 

(その場合は、特に何もする必要はありません。今まで通り暮らしてください。)

 

お金もかかりませんし、しつこい営業もかかってくることはありません。

 

メリットが大きい場合は導入を決断することもできます。

 

すべてはあなたがあなたの意思で自由に決めることができます。

 

まずは気軽な気持ちで、
コンプライアンスで安心の見積もりサイトでシミュレーションを取得下さい。

 

 

で簡易見積もりを取得して下さい。

 

見積もりとシミュレーションを元に、最も大切なステップ3へと移っていきます。

ステップ3 シミュレーションを分析し導入の判断をする

ステップ3

損益方程式から、太陽光発電を導入したら得になるか損になるかを見極める。

 

提出されたシミュレーションと見積もりを元に以下の公式に当てはめて損益分岐点を確認して下さい。実際にあなたが太陽光発電を導入することが得になるのか、損になるのかひと目で判断することができます。

 

チェック

初期投資用を10年で回収できるか否かがカギとなります。

 

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10

 

 

この判断基準で決めて頂けたらと思います。

 

つまり、初期費用とは導入にかかる製品代金と工事代金のすべてから、

 

補助金を差し引きしたものを、

 

太陽光発電によって得られる利益で回収していった場合に、

 

10年でその投資金額を回収できるたらOKという意味です。

 

 

チェック

基準を満たせば導入すべきです。

 

チェック

基準を満たさなければ導入は見合わせるべきです。

 

 

なぜ、10年かというと、太陽光発電システムを構成する一部、

 

パワーコンディショナーの耐用年数が10年程度だからということと、

 

シミュレーションには若干ずれが生じてくるものなので、

 

何らかのトラブルが発生し、思うように発電しなかったとしても、

 

10年で回収できるプランでいたならば、少なくとも15年あれば回収できるからです。

 

 

太陽光発電システム自体は20年は持つと言われていて、

 

実際に30年稼働しているものがあるので、

 

本来的には20年で回収できても損はしませんが、

 

それでも、貴重な現金資金を投資するわけなので、

 

損得がトントンでは導入するメリットがあまりないと考えられるからです。

 

その判断をしっかりとしていくために、

 

まずは、一切お金がかからず、誰とも顔を負わすことなく、Web上ですべてを完結することができる、
コンプライアンスで安心の太陽光見積もりサイトでシミュレーションを取得下さい。

 

 

で見積もりを取得下さい。

 

そして、上記の基準を満たすのであれば、好きな時に好きなタイミングで発注してください。

 

※発注する前に、しっかりと現地見積をして最終的な確認作業を必ず依頼してください。

 

簡易見積は、実際の工事金額と大きくずれる可能性があるからです。

 

そして、再度先の公式に当てはめた後に最終判断を下してください。

 

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10

 

 

現地調査をした結果出た数値も、

 

この公式に当てはめれば導入すべきか否かは一目瞭然です。

 

だから、最終判断を好きなタイミングでするために、

 

簡易見積を取るところまでをしっかりとステップとして踏んで頂いて、

 

いよいよ導入するかっていうときに、現地調査を依頼してください。

 

もちろんその段階にきて、簡易見積もりと数値が異なり、

 

判断基準を下回ることも想定されます。

 

その時は、もう一度振り出しに戻って検討すればよいのです。

 

導入するべきかどうかは、この公式に当てはめさえすれば自動的にわかってしまうのです。

 

このステップをお試しになり、このステップがもたらすすばらしい効果を、

 

体験してください。あなたは完全に失敗とは無縁な結論を出すことができます。

 

※絶対に最安値で導入したい場合は、現地調査終了後、

 

最安値で太陽光発電を導入する方法をご覧ください。

 

 

 

 

※もし、基準を満たさなかった場合は・・・・

 

もしかしたら救世主になるかもしれません。

 

こちらのサイトで情報を取得してみてください。

 

最後の望みのツナとなるかもしれません。

 

太陽光発電で絶対にトクする3ステップ

 

 

 

 

 

 

 

ローンを活用する場合

上記の判断基準は、現金で導入する場合の話です。

 

一方でローンを活用して導入する方も多いと思います。

 

一般的な家庭では、ローンを活用する人のほうが圧倒的に多いです。

 

その方は、以下の判断基準で導入して下さい。

 

 

導入費用の全額を15年ローンで組んだ場合に、

 

太陽光発電を導入することで得られるメリットが、

 

毎月のローンの支払金額を上回るということ。

 

発電により獲られる利益 - 支払いローン額 ≧ 0

 

以上が判断基準となります。

 

初期費用のうちのすべてをローンで組んで、上記を満たすようなら、

 

あなたは、無料で太陽光発電を購入したことになります。

 

それはそうですよね?

 

実質一銭も支払わないのですから。

 

ただし、最も利益が大きくなるのは、現金で導入した場合だということは、

 

しっかりと頭においておくようにしましょう。

 

ローンを活用したほうがよい方は、いろいろと家計の事情もあるとは思いますが、

 

 

 

チェック

流動性資産=貯金が年収の半分以下の方。

 

 

 

チェック

むこう3年間に大きな出費を控えている方。

 

 

 

チェック

子供さんが小さい方。

 

 

 

上記に該当する方は、ローンで太陽光発電を導入することを検討してください。

 

それ以外の方は、ローンより現金で導入するほうがメリットが大きくなります。

 

 

付記:どうしてこのステップを無料で後悔しているか?

そうはいっても、導入するとなったら100万円程度はかかる投資です。

 

そんなカンタンに決められることではない、と思うのは間違いないことです。

 

だから、迷いたい方は好きなだけ迷ってください。

 

導入するか否かということは、最終的にあなたが好きなタイミングで決めればよいことです。

 

そして、今すぐに決める必要は一切ありません。

 

じっくりと時間をかけて判断して頂ければよいと思います。

 

ただし、あなたにとって太陽光発電が良いものなのか、

 

悪いものなのか、という点だけは、先に調べておいて下さい。

 

つまり、この3つのステップだけは先に踏んでおくのです。

 

なぜならば、年度毎に補助金の内容が変わるため、

 

先に伸ばせば伸ばすほど業者が忙しくなって、

 

満足に検討する時間が取れなくなってしまう恐れがあるからです。

 

実際に2012年度に導入を検討していたけれど、時間を取れなくなって、

 

何度末にバタバタと見積もり取得できなくなって、導入時期を逃した。

 

結果、補助金は下がり売電単価も下がって大損したというケースもあったからです。

 

導入するかどうかは、きちんと検討したあとにいつでもいくらでも判断することはできます。

 

でも、締切間際になってから調査するのでは、遅すぎて希望通りの時期に導入することが

 

できなくなってしまう恐れがあるのです。

 

 

住んでいる地域は、あまり関係ありません。

 

もっとも日射量の多い沖縄県と、もっとも少ない日本海側の地域では、

 

年間日射量は1割程度しかかわりません。

 

日本全国どこでも1kWの設備あたり1,000kW程度は、発電することは可能です。

 

でも、あなたが設置しようと思っている場所で、安く導入してたくさん発電するかは、

 

きちんと調査してみないとわからないものなのです。

 

周辺の日影の影響や屋根の角度や向きなどさまざまな要因があるからです。

 

なので、このステップ通りに進んで頂いて、ある程度の情報を取得した上で、

 

最終的な判断は、お好きなタイミングでされることを強くオススメいたします。

 

いつ判断するかは、完全に100%あなたの意思で決めることができます。

 

途中で誰かがあなたに無理やり商品を買わせようとしたり、しつこく営業かけたり、

 

脅迫じみた電話攻勢をかけたり、嫌な思いをすることは一切ありません。

 

好きなだけ迷って好きなだけご自身で検討することができます。

 

ただし、このステップに書かれた通りに、順番まで間違うことなく手順を踏んでください。

 

そうしないと、机上の空論だけで太陽光発電を捉えることになってしまったり、

 

激しい売り込みをかけられ嫌な思いをしなくてはいけなくなったり、

 

とにかく、あなたによくない結果をあなたに与えてしまう可能性があります。

 

太陽光発電業界は、歴史の浅い業界であり、市場の拡大とともに、

 

残念ながらたくさんのトラブルが起こっていることが悲しい事実なのです。

 

 

この3ステップは、ただあなたにとって太陽光発電が有益かどうかを明らかにするために、

 

安心して利用することができる役立つステップなのです。

 

この3つのステップは、太陽光発電に関するトラブルや失敗談、成功事例を分析して、

 

失敗する原因を取り除き、成功する要素だけを合わせて作られたものです。

 

なので、絶対に失敗しないために、必要な手順をすべて組み込んであるのです。

 

あとは、シミュレーションを見ながら、判断基準に当てはめる時に湧いた疑問を、

 

当サイトのさまざまなコンテンツでしっかりと解消していけばよいだけです。

 

 

どうして無料でこんな有効なステップを紹介しているのか?

 

(動機に興味ない方は、飛ばしてくださって構いません。)

 

太陽光発電メリットデメリット検証.net運営者の思いにも書きましたが、

 

私は以前大手金融会社でソーラーローンの担当をしていたことがあるからです。

 

今は、外資系会社に買収された電機系のローン会社でした。

 

当時、今からもう5年も前のことになりますが、

 

それでも毎月1億くらいのソーラーローンを取り扱いしていました。

 

ほとんど全件訪問販売会社の取り扱いでした。

 

当時も今と同じように補助金が出ていましたが、全量買取制度もないし、

 

価格もびっくりするくらい高いし、発電効率も悪い時代でした。

 

当時は、オール電化と抱合せで、太陽光発電のメリットというよりは、

 

オール電化のメリットに太陽光発電を便乗させて販売するスタイルだったため、

 

非常にたくさんのクレームが発生したのです。

 

もちろんすべての業者が悪かったわけではなく、一部の業者だけが、

 

そういった誤った販売方法を選択していただけで、よい業者もたくさんあったのですが。

 

それでも、クレームは後を絶たず、むしろ現在は、当時よりももっと増えているのが現状です。

 

そこで、この3つステップを私は考案したのです。

 

この3つのステップは、実際に私が活用した方法であり、

 

日本住宅性能検査協会に認定の太陽光発電アドバイザーとして、

 

自信と責任を持って進めることができる方法なのです。

 

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル