太陽光発電のデメリットを検証する

太陽光発電のデメリットはどんなものがあるか?

太陽光発電アドバイザーの立場から考えて、

 

太陽光発電の設置・導入するか否かを判断するためには、

 

太陽光発電のメリットのみをクローズアップするのではなく、

 

デメリットもしっかりと理解した上で判断することが重要です。

 


私は、太陽光発電アドバイザーの立場、すなわち公正な情報提供をすることで、

 

サイトをご覧の皆様に満足いく選択肢を提供したいと思っております。

 

よい情報だけ提供して、あとからこんなはずじゃなかったと後悔するようではいけません。

 

デメリットも含めたトータルの情報を知り判断することが極めて重要なのです。

 

 

次にあげるデメリットをしっかりとご確認ください。

 

メリットとデメリットを理解した上で、どういうふうにしたらよいかという点まで、

 

当サイトではアナウンスしておりますので、併せてご確認頂けたらと思います。

 

 

太陽光発電の3つのデメリット

太陽光発電には、大きくわけて3つのデメリットが存在します。

 

それぞれの専用のページにリンクしてありますので、

 

詳しくは各ページをご覧下さい。

 

また、全てサイドバーからも各ページにアクセスすることが可能です。

 

 

 

ポイント1

初期費用に関するデメリット:比較的高額な設置費用

 

 

 

 

ポイント2

発電に関するデメリット:発電量の不安定さ

 

 

 

 

ポイント3

コストに関するデメリット:発電コストが高額であること

 

 

 

 

以上の3つのデメリットは太陽光発電アドバイザー試験の内容に準拠しています。

 

一つ一つデメリットをご確認いただくことでより太陽光発電のメリットも明確になっていくと思います。

 

よりよい判断をするためにも、しっかりとデメリットを抑えて頂けたら幸いです。

 

次へ進む

デメリット1 比較的高額な設置費用

NPO法人日本住宅性能検査協会とは

建築を巡る紛争予防および解決を目的とする第三者機関です。

 

有識者による8つの専門研究会と弁護士との提携によるADR日本不動産仲裁機

 

によって構成されており、各専門分野で講習会を開催し、これらに携わる方々の技術・

 

知識向上に努めてきた団体です。

 

NPO法人日本住宅性能検査協会HP

太陽光発電のデメリットを検証する記事一覧

デメリット1 比較的高額な設置費用

太陽光発電の導入を検討する際にデメリットとなり、かつ常に検討材料となるのが、初期費用が高額であるということです。高額というのは、導入するのに、100万円単位でお金が必要になるという意味です。庶民が支払う金額としては、実際に簡単に決断できる額ではないでしょう。そういう意味で敷居が高いことは確かにデメリ...

≫続きを読む

デメリット2 発電量の不安定さ

太陽光発電は、太陽光を浴びることで初めて電力を作り出すことができます。・夜は、電気は一切発電されません。・雨の日は、極端に発電量は落ちてしまいます。・曇りの日も当然、ゼロにはなりませんが、発電量は減ります。・パネルの上に雪が積もったり、影になったりしても減ります。それでは、日照時間が短いと言われる日...

≫続きを読む

デメリット3 発電コストの高さ

一般に太陽光発電による発電コストは高いと言われています。では、そのコストっていくらくらいなんでしょうか?また、他の発電方法と比べてどの程度高いと言えるのでしょうか?【発電コスト比較】太陽光発電49円風力発電10〜14円水力発電8〜13円火力発電7〜8円原子力発電5〜6円地熱発電8〜22円データ参照元...

≫続きを読む





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル