産業用太陽光発電をするなら、2013年度中に必ず導入してください。

10kW以上の産業用太陽光発電に参入するなら2013年度しかありません!

今この産業用太陽光発電マーケットに参入しないと、あなたはきっと後悔します。

 

太陽光発電投資は、そう言い切れるくらい強烈にメリットが大きいものです。

 

ましてや、遊ばせている土地や屋根が100平米以上あるのでしたら、はっきり言って、やらない理由を見つけるほうが難しいということができます。

 

 

チェック

放置してある土地だったら、ただあるだけで固定資産税がかかったり、悪いケースだと草刈などの管理費用までかかることもあるでしょう。

 

 

チェック

屋根の上でも、当然雨露を防ぐという役割は全うしてくれますが、それ以上の価値はつくりません

 

 

少なくとも何もしなければ、何も生み出すことはないのです。

 

ところが、太陽光発電は導入することで、初期費用はかかりますが、それ以上の利益を生み出してくれるようになるのです。

 

支出を作っていた負の資産が、一気にプラスの価値を作る資産に大化けしてしまうわけです。

 

しかも、今ならあらゆるリスクを回避できる後押しがあるのです。それは・・・

 

なんと国があなたに次のことを保証してくれるというのです。

 

 

チェック

設置した太陽光発電で作られた電力を、1kwhあたり32円税別という全量を高額買取保証

(通常家庭で購入する電力は、1kWhあたり24円程度にもかかわらず!)

 

 

チェック

しかも、その期間はなんと20年間継続するという保証です。

 

 

つまり通常投資といえば、初期投資費用に対するリターンが何%という形で得られる代わりに、その収益が得られないかもしれないというリスクを負うことが考えられますが、産業用太陽光発電については、電力が発電さえすれば、確実に利益が生まれることを国が保証しているという、国家保証付きの投資ということができるわけです。

 

そうなるとあとリスクになるのは、しっかりと発電するかどうかということ。

 

安心してください。

 

太陽光発電システムが発電するために必要なことは、設備がしっかりと作動すること。

 

太陽光がしっかりと照射されるということ。

 

まず、一番めの設備面の問題について言えば、しっかりとしたメーカーのパネルを使えば、発電保証を受けることができますし、万が一の災害時のための損害保険も安価に準備されています。

 

太陽光の確保については、日照量は天候に依存するので、コントロールすることはできませんが、ある程度は予測することが可能です。過去数年間に最も少なかった日照量を元に回収シミュレーションを組み立てるだけでよいのです。つまり、あなたが太陽光発電を設置する場所が特定できたら、即計算することができる=概ねの利益を予想することができるわけです。

 

つまり、投資なのにリスクが非常に少ないということが言えるわけです。

 

ただし、産業用太陽光発電を導入するには、以下の条件を満たす必要があります。

 

1.100平米以上の日当たりのよい空き地あるいは屋根を所有しているか賃借りできること。
2.350万円以上の初期費用を現金で用意できるか金融機関から借りられること。

 

いずれもを満たすことができるのであれば、あなたはすぐに年利10%という高利回りの投資に、リスクなく踏み出すことができるようになります。
十分な広さの土地や屋根を所有していなくて賃借りもできないという方は、土地込の太陽光発電投資というものもあります。こちらを参照ください。

 

まずは、見積もりと発電シミュレーションを取得するところから始めましょう。

 

残された時間はあまりありません。

 

これだけ好条件で産業用太陽光発電に参入できるのは、2014年度内だけだからです。

 

これらの国からの保証は、全量買取制度という制度で守られているのですが、毎年内容が見直しされます。

 

当然、電力を消費者が買うよりも高く売れるわけですから、その差額を負担する人がいるわけです。

 

そもそも全量買取制度は、太陽光発電の普及を後押しするために創設された制度で、2013年度に爆発的な普及を遂げていることを考えると当然2014年度以降は、条件が悪くなると考えることができるでしょう。

 

その証拠に2012年度は42円/kWhの買取価格だったのが37.8円/kWh税込と1割以上も低下しました。2012年度に導入を検討していて間に合わなかった方の多くが後悔の念とともに2013年度に導入したという経緯もあります。

 

いずれにせよ、まず現地調査して本当に収支が合うのかを確認するところから始めるより他はありません。

 

見積もりとシミュレーションを取得して、利益が上がるかどうかを調べてください。

 

そしてもし、利益があがりそうであれば、そのまま契約して購入してください。

 

まごまごしていると年度内に導入しようという意図を持った人達の駆け込み需要に巻き込まれて、設置できなくなる可能性が高いからです。

 

あなたにリスクはありません。

 

まずは産業用太陽光発電見積もりサイト法人・産業用太陽光発電見積りナビゲーションに見積もり依頼をかけてください。

 

もちろん、見積もりやシミュレーションには一切お金はかかりません、無料で利用することができます。

 

迷っている暇はありません。いますぐ見積もりとシミュレーションを取り寄せして、あなたにとって産業用太陽光発電がどれだけの価値があるのかを確かめてみてください。

 

 

 

 

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル