太陽光発電のメリット2 コスト面での優位性(経済性)

自家発電するというメリット

太陽光発電は、無限で無料の太陽光エネルギーを活用して、

 

電気という経済的な価値を作ることができるメリットがあるという点です。

 

つまり、農業が自然環境(土、水、太陽光)から作物という価値をつくるのと同じように、

 

太陽光発電は、太陽光エネルギーから電気という価値をつくる仕組みなのです。

 

しかも、農業など通常価値を作るためには、自分の時間を使用して作業をしなくてはいけません。

 

いわゆる労働することによって、経済的な価値を作り出すということです。

 

ところが太陽光発電は、システムが自動的にやってくれるのです。

 

太陽光が降り注ぐ限り、最低20年は発電し続けてくれます。

 

何もしなくても勝手に価値を作ってくれるのです。

 

これってすごいことじゃないですか?

 

 

初期費用はかかりますが、価値をつくるという意味では投資といってもよいかもしれません。

 

投資といっても、不動産投資や株式投資、国債やファンドと違って、

 

リスクのない投資と言えると思います。

 

なぜなら、太陽光発電は、導入したら太陽光が照射する限り必ず発電するからです。

 

パネルやパワーコンディショナーは、メーカーが保証してくれますし、

 

発電した電力は、確実に自宅で使用することができますし、

 

今なら向こう10年間電力会社が割高な金額で余剰電力を買い取ってくれることも、

 

保証してくれているのです。

 

導入して損をする場合というのは、元をとるくらい発電しないのに、

 

初期費用をかけて導入してしまうことくらいです。

 

だから、当サイトでしっかりと情報を取得することが大切なのです。

 

そして、あなたが太陽光発電を導入して損するか、得するかを、

 

しっかりと見極めることが大切になるのです。

 

 

この経済的な価値をつくるというメリットはものすごく大きなメリットと言えるでしょう。

 

投資というふうに考えると経済性を判断する方法はもう明快です。

 

利回りです。

 

つまり、年間発電金額 ÷ 投資金額

 

これが利回りであり、このパーセンテージが経済性の大きさを表します。

 

現在の価格と発電効率からいくともろもろの条件にもよりますが、

 

10%は得られると思います。

 

ご存知の投資で利回り10%以上とれるものはありますか?

 

経済的メリットを後押しする補助金及び電力買取補助

太陽光発電を導入するとさまざまな優遇措置が準備されています。

 

大きくわけると2つの助成があります。

 

 

ポイント

導入時の助成

 

 

 

条件の合致するすべての方が利用することができる制度として、

 

国(経済産業省)が補助金を出す、「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金制度」

 

というものがあります。

 

これは、一定の条件に合うものを1kWあたり2万円か1.5万円補助されるというものです。

 

詳しくは、補助金についての項目で説明します。

 

これに加えて、都道府県や市町村など各地方自治体でも準備しているところがあります。

 

 

 

ポイント

余剰電力の買取制度

 

 

 

太陽光発電による電力の固定価格買取制度が運用されています。

 

これは太陽光発電システムにより発電された電力のうち、自家消費されて余った分を

 

一定の金額で電力会社が買い取ってくれる仕組みです。

 

その金額は、今がもっとも高く今後少しづつ下がっていく予定です。

 

流通価格が下がっていくことで購入時期による不公正をなくすのが目的です。

 

2012年7月から1kWあたり42円での買取が導入から10年間保証される型となります。

 

2013年になって金額が42円から38円に下がったとおり、毎年下がります。

 

この買取制度を担保しているのは、再生可能エネルギー特別措置法

 

(電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法)です。

 

こちらも併せて補助金の項で詳しくお伝えします。

 

補助金は太陽光発電のメリットを強く後押ししてくれています。

 

次へ進む

メリット3 緊急時の優位性(非常用電源機能)




太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

メリット2 コスト面での優位性(経済性)関連ページ

メリット1 環境面における優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。一番目のメリットは環境面における優位性です。太陽発電は地球環境にとって優れた発電方法と言われています。そのため、現在国を上げてその普及に力が注がれているのです。未来の地球のために、私たちは選択する必要があるかもしれません。
メリット3 緊急時の優位性(非常用電源機能)
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。三番目のメリットは、緊急時の優位性、つまり災害等による停電時など電気を供給してもらえない時に、自分たちで電気を発電し光熱を確保できるということです。ただし、基本的には太陽光発電システムには蓄電機能がないので、日中日のあたっているうちに限定されるか、蓄電池を別途設置する必要性はあります。
メリット4 電力需要の抑制効果における優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。四番目のメリットは、電力需要の抑制効果における優位性、すなわち自家発電自家消費することで、市場として電力が不足している局面に貢献できるということです。先般の計画停電の恐れのある逼迫した節電要求に対しダイレクトに答えることができます。
メリット5 送電ロスを抑制できるという優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。五番目のメリットは、送電ロスを抑制できるという優位性があげられます。太陽光発電は自宅の屋根で発電するため、発電する場所と使用する場所が近接しており、道中でロスを発生させることがありません。言わば、電力の地産地消ということができ、非常に効率がよい仕組みになっています。