太陽光発電のメリット1 環境面における優位性

太陽光発電は、本当に地球環境にやさしいのか

太陽光発電は、環境にやさしいエネルギー源だというメリットがあるといわれます。
果たして本当に地球環境にやさしいのでしょうか?

 

よく耳にする話で、製造工程や輸送過程で二酸化炭素を排出するし、シリコンを原料として使うし、さらに最終的には産業廃棄物になるから決してクリーンなエネルギー源なんかではない、という主張をする方がいます。

 

確かに、太陽光発電も完璧にクリーンなエネルギー源ではないでしょう。
しかし、他の発電方法に比較すれば、もっとも地球に優しいエネルギー源ということができるでしょう。
ここでは、太陽光発電のメリット1番目として環境面の優位性を以下に示したいと思います。

エネルギーとしてのクリーン性というメリット

地球環境を守ろう!

 

ストップ温暖化!

 

再生可能エネルギーを普及させていこう!

 

声高に叫ばれて、久しく時が経ちます。
人類の産業活動によって排出された二酸化炭素は、地球の温暖化を招き、生態系を破壊しようとしています。
このまま二酸化炭素濃度が濃くなれば、温暖化が進み、
北極、南極の氷が溶けて、水位は上昇、多くの街が水没すると言われています。
また、さまざまな有毒ガスはたくさんの問題も引き起こしてきました。

 

太陽光発電は、環境負荷の軽減という点について、非常に大きなメリットとなります。

 

全く二酸化炭素や有毒物質を発生させない、非常にクリーンなエネルギーなのです。

 

なぜメリットの一番目に、この環境面における優位性を持ってきたかというと、
日本、地球というマクロな目で見たときにもっとも望まれる効果だと考えられるからです。
国が積極的に補助金を出し、売電価格の圧倒的な優遇措置を講じているのも、
この環境面での優位性がもっとも大きな点といってよいと思います。
太陽光発電は、パネルを製造する時に二酸化炭素を排出しますが、
いったん完成して稼働してしまえば、その後は全く排出しない非常に優れたシステムです。
このメリットを最大限活かすためにも、どんどん普及させていって、
電力消費量における太陽光発電の割合を高めていくことが重要です。

 

 

エネルギー源の非枯渇性というメリット

太陽光発電は、太陽光エネルギーを電気に変換する仕組みです。
再生可能エネルギーというのは、無限に自然の中から取り出されるというメリットがあります。
太陽光は太陽と地球がなくならない限り、地球上に無限に降り注ぎます。

 

そのエネルギーを電力にに変換するわけですから、枯渇することがありません。

 

むしろ太陽光が地球に降り注がぐことがなくなってしまったら、
地上の温度は下がり、氷河期みたいな時代が訪れ、電気云々の前に、
人類が滅亡の危機に立たされてしまうことでしょう。

 

それだけ太陽光というのは、非常に強いエネルギー源であると同時に、

 

無限性を兼ね備えた、むしろ活用しないほうがおかしいくらいのエネルギー源なのです。

 

太陽光発電は、この非枯渇性エネルギーを活用できるもっともメリットが大きく、
有効な手法として、今もこれからも非常に期待されているシステムです。

 

 

その他の非枯渇性エネルギー

  1. 風力エネルギー
  2. 潮力エネルギー
  3. 地熱エネルギー
  4. バイオマスエネルギー
  5. 雪氷熱エネルギー

 

次へ進む

メリット2 コスト面での優位性(経済性)

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

メリット1 環境面における優位性関連ページ

メリット2 コスト面での優位性(経済性)
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。二番目のメリットはコスト面での優位性(経済性)です。太陽光発電は、無料無限の太陽光エネルギーを電力に変換する仕組みです。つまり、無限の自然資源を価値=金銭に変える仕組みなわけです。そうすることで自家消費にせよ、売電にせよ、経済的な恩恵を受けることができるようになります。
メリット3 緊急時の優位性(非常用電源機能)
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。三番目のメリットは、緊急時の優位性、つまり災害等による停電時など電気を供給してもらえない時に、自分たちで電気を発電し光熱を確保できるということです。ただし、基本的には太陽光発電システムには蓄電機能がないので、日中日のあたっているうちに限定されるか、蓄電池を別途設置する必要性はあります。
メリット4 電力需要の抑制効果における優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。四番目のメリットは、電力需要の抑制効果における優位性、すなわち自家発電自家消費することで、市場として電力が不足している局面に貢献できるということです。先般の計画停電の恐れのある逼迫した節電要求に対しダイレクトに答えることができます。
メリット5 送電ロスを抑制できるという優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。五番目のメリットは、送電ロスを抑制できるという優位性があげられます。太陽光発電は自宅の屋根で発電するため、発電する場所と使用する場所が近接しており、道中でロスを発生させることがありません。言わば、電力の地産地消ということができ、非常に効率がよい仕組みになっています。