これから太陽光発電はどうなっていくのか?

今後の太陽光発電はどうなるか

太陽光発電は、これからどうなっていくのでしょうか?

 

現在の段階では、時代のエネルギー源として非常に強い期待が寄せられ、次世代のエネルギー源の主流になると考えられています。

 

もちろん、そうはならないと思っている方も多いですが、現在の国を上げての太陽光発電普及に対する取り組みを見て頂けたら、

 

その強い期待と予測は間違いないことが感じられると思います。

 

なぜここまで間違いなく太陽光発電が時代のエネルギー源の主流となると確信しているか

間違いなく今後枯渇性エネルギーへの依存度は下がっていきます。

 

なぜなら、その資源の量に限りがあり、すでに底が見えているからです。

 

そうなると、このまま枯渇性エネルギーに依存していたら、最終的には資源を巡る戦争が起こって、

 

人類は滅亡の道へと進むでしょう。

 

 

そのため、再生可能エネルギーの研究と開発は急ピッチで、産・官・学が共同で進められています。

 

その中でさまざまな形態が誕生しましたが、どうやら今ある仕組みの中では、太陽光発電がもっとも優れているようなのです。

 

今後新たなる再生可能エネルギーが発見されたとしても、実用化までは少なくとも数十年はかかります。

 

そう考えると、現状もっとも優れた再生可能エネルギー源、太陽光発電は今後の主流になることは間違いありません。

太陽光発電市場の予想

今後予想されている太陽光発電市場の動向です。

 

2005年時点の普及状況

 

住宅用:約32万戸 35万kl(140万kW)

 

 

2020年時点の普及状況予測(2005年時点での)

 

住宅用:約530万戸 700万kl(2,800万kW)

 

 

なんと、2005年から15年間で20倍に増えるという予想なのです。

 

そして、その後の普及状況が予想より上回っていることから、上記予想は、3〜4年前倒しになると考えられています。

 

これは爆発的に普及することを意味しています。

 

 

間違いなくこれからの時代太陽光発電は再生可能エネルギーとしてスタンダードになっていくことでしょう。

 

 

※予想数値は、「NEDO再生可能エネルギー技術白書」(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)による





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

これから太陽光発電はどうなっていくのか?関連ページ

太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。
太陽光発電とは何でしょうか?一般にソーラーとも呼ばれていて、太陽光が照射されることで電気が発電する仕組みになっています。ここではその原理を簡単に解説してあります。
太陽電池の仕組み
ここでは、太陽光発電システムの基幹を為す太陽電池の仕組みを紹介します。太陽光パネルなどの呼び名でわかりますが、厳密に言葉の使い方が定義されています。主な種別などさまざまな観点からわかりやすく説明して参ります。
どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?
どうして今、再生可能エネルギー特にその中でも太陽光発電がもっとも注目を浴びているのでしょうか?マクロな視点で太陽光発電のメリットと可能性について少し考えてみたいと思います。対照的なエネルギー、枯渇性エネルギーとの比較において捉えて下さい。
太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ
太陽光発電システムを発注してから工事、運用までの一連の流れを説明しています。意思決定から運用までの具体的な流れを知っておくことで不安なくスムースに対応することができるようになります。
2012年施行された全量買取制度について
2012年7月に全量買取制度と呼ばれる制度が施行された。これは、再生可能エネルギーによって発電された電力を一定額で電力会社が買い取ってくれるという制度で、財源は各家庭が負担する再生可能エネルギー負担金となっている。
太陽光発電導入時の補助金について
太陽光発電導入時にもらうことのできる補助金についてまとめました。国からと地方自治体からの2つの種類があります。太陽光発電を導入する際の大きなメリットということができるでしょう。デメリットは一切ありません。
太陽光発電の長所と短所
太陽光発電システムには固有の長所と短所があります。メリットとデメリットは、人が活用することで生まれる活用効果を表すものですが、ここでは、システム自体が持っている太陽光発電の長所と短所について記したいと思います。