どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?

枯渇性エネルギーと再生可能エネルギー(太陽光発電含む)

電力は、エネルギーによって発生されます。

 

そのエネルギーには、以下の二つの種類があります。

 

 

 

チェック

枯渇性エネルギー

 

 

 

主に化石燃料などの有限の地球資源を活用して電力を作り出すエネルギー源で使い続けるといつかはなくなってしまうものをいいます。代表的なものに、火力発電、原子力発電などがあり、それぞれ原料として、天然ガスや石油、ウランなどを使います。また、資源を使うだけに副次的な有害物質も排出するのが特徴です。特に原子力発電では、使用済み核燃料の処理が大きな問題になっております。また東日本大震災で顕著になったように有事の際には、社会に、自然環境に甚大な被害を及ぼしてしまいます。

 

 

 

 

 

チェック

再生可能エネルギー

 

 

 

地球上に自然にあり無限に供給されるエネルギーを活用して発電するものです。無限に供給されるので、枯渇する心配がなく、基本的にクリーンであることも特徴としてあげられます。代表的なものに、太陽光発電、地熱発電、風力発電などがあり、それぞれ、太陽光エネルギー、地熱エネルギー、風力エネルギーを活用して電気を作ります。メリットは非常に大きいものの発電効率という点、あるいは導入の難しさなどといった難点・デメリットが存在しているので、技術革新によるさらなる普及が待たれます。

再生可能エネルギーの中でも太陽光発電が特に期待されている理由は?

再生可能エネルギーの中でも、特に注目されているのが太陽光発電です。

 

なぜ、そんなに期待を浴びているかというと、以下のような理由からと言われています。

 

 

 

チェック

個人レベルで導入可能

 

 

 

さまざまな発電方式の中で唯一個人単位で導入することが可能な発電方法であるということです。
当然、もっとも大きな電力供給源は電力会社ですが、その発電効率の悪さから再生可能エネルギーを利用した発電所はそんなに多くはありません。大企業が二の足を踏む再生可能エネルギーを個人レベルで普及することで大きな躍動力となるのです。

 

 

 

チェック

発電効率があがることで協力な電力源になる可能性がある。

 

 

 

その他の再生可能エネルギーがさまざまな問題点(発電効率以外の)を抱えるのに対して、太陽光発電の問題点は現状発電効率のみです。しかも太陽光エネルギーは他のエネルギー源に比しても協力なので、発電効率があがることで、大きく飛躍することが期待されているのです。照射する太陽光発電エネルギーを100とすると、現状電力になるのは、10%程度。技術革新により、40%程度までは20年以内で発電効率が上がることが予想されています。非常に大きな可能性を秘めているのです。

 

 

 

チェック

枯渇性エネルギーの限界が近く他によい発電方法がない

 

 

 

この通りなのですが、すでに枯渇性エネルギー源は限界が数十年後くらいまでと見えています。その中で再生可能エネルギーを促進していき、基本的なエネルギー源にしないといけないのですが、太陽光発電以外により有効な手段が現在のところ見つかっておらず、もっとも可能性があるという取捨選択的に太陽光発電が期待されている部分もあるのです。





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?関連ページ

太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。
太陽光発電とは何でしょうか?一般にソーラーとも呼ばれていて、太陽光が照射されることで電気が発電する仕組みになっています。ここではその原理を簡単に解説してあります。
太陽電池の仕組み
ここでは、太陽光発電システムの基幹を為す太陽電池の仕組みを紹介します。太陽光パネルなどの呼び名でわかりますが、厳密に言葉の使い方が定義されています。主な種別などさまざまな観点からわかりやすく説明して参ります。
太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ
太陽光発電システムを発注してから工事、運用までの一連の流れを説明しています。意思決定から運用までの具体的な流れを知っておくことで不安なくスムースに対応することができるようになります。
これから太陽光発電はどうなっていくのか?
これから太陽光発電はどうなっていくのでしょうか?本当にどんどん普及していって、電力源として主流となりうるのでしょうか?それとも一時的なムーブメントに過ぎず、そのうちに廃れてしまい、その他のエネルギー供給源が主流になってくるのでしょうか?導入の可否判断をするために、大きな流れとして捉えて頂けたら幸いです。
2012年施行された全量買取制度について
2012年7月に全量買取制度と呼ばれる制度が施行された。これは、再生可能エネルギーによって発電された電力を一定額で電力会社が買い取ってくれるという制度で、財源は各家庭が負担する再生可能エネルギー負担金となっている。
太陽光発電導入時の補助金について
太陽光発電導入時にもらうことのできる補助金についてまとめました。国からと地方自治体からの2つの種類があります。太陽光発電を導入する際の大きなメリットということができるでしょう。デメリットは一切ありません。
太陽光発電の長所と短所
太陽光発電システムには固有の長所と短所があります。メリットとデメリットは、人が活用することで生まれる活用効果を表すものですが、ここでは、システム自体が持っている太陽光発電の長所と短所について記したいと思います。