太陽光発電導入時の補助金について

太陽光発電を導入する大きなメリットです。

太陽光発電を導入することで、補助金をもらうことができます。

 

補助金は、大きくわけて2つの種類があります。

 

一つは、導入時にもらえるもので、国から出るものと地方自治体から出るものがあります。

 

もう一つは、運用時にもらえるもので、発電した電力を優遇価格で買い取ってくれるというものです。

 

全量買取制度と呼ばれていて、この制度を活用して太陽光発電事業に乗り出す企業が、

 

2012年7月以降非常に多くなっているのが現状です。

 

それぞれ補助金額は、毎年度更新されており、太陽光発電システムの流通価格の下落に応じて、

 

補助金額も下がっていくというふうにされています。

 

全量買取制度については、2012年施工された全量買取制度についてをご覧下さい。

 

導入時の補助金については、下記をご覧下さい。

 

太陽光発電導入時に助成される補助金

太陽光発電の導入時に助成される補助金は、

 

国からのものと地方自治体からのものと2つの種類があります。

 

地方自治体からのものは、都道府県と区市町村からのものとあり、

 

どちらからももらえるところもあります。

 

詳しくは、またまとめたいと思うが、ここでは主に国からの助成金についてまとめてみました。

 

2013年度設置の場合の補助金額

 

応募期間:平成25年4月17日〜平成26年3月31日

 

1キロワットあたりの設置費用が〜41万円は、20,000円/kW
1キロワットあたりの設置費用が41万円〜50万円は、15,000円/kW

 

これに導入する太陽光発電システムの規模が、補助金額となる。

 

例えば、4.5キロワットのシステムを200万円で導入する場合

 

1キロワットあたりの設置費用 200万円 ÷ 4.5キロワット = 44.4万円

 

助成される補助金額は、15,000円 × 4.5キロワット = 67,500円

 

このように補助金が助成される。

 

補助金は、販売店が代行して申請してくれるので、

 

販売店からの指示にしたがって、手続きをしていけば問題ない。

 

※悪質な会社だと補助金申請をしないところもあるので、

 

販売店選びは特に注意を払っていただけたら幸いです。

 

詳しくは、簡単3ステップをご覧下さい。





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電導入時の補助金について関連ページ

太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。
太陽光発電とは何でしょうか?一般にソーラーとも呼ばれていて、太陽光が照射されることで電気が発電する仕組みになっています。ここではその原理を簡単に解説してあります。
太陽電池の仕組み
ここでは、太陽光発電システムの基幹を為す太陽電池の仕組みを紹介します。太陽光パネルなどの呼び名でわかりますが、厳密に言葉の使い方が定義されています。主な種別などさまざまな観点からわかりやすく説明して参ります。
どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?
どうして今、再生可能エネルギー特にその中でも太陽光発電がもっとも注目を浴びているのでしょうか?マクロな視点で太陽光発電のメリットと可能性について少し考えてみたいと思います。対照的なエネルギー、枯渇性エネルギーとの比較において捉えて下さい。
太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ
太陽光発電システムを発注してから工事、運用までの一連の流れを説明しています。意思決定から運用までの具体的な流れを知っておくことで不安なくスムースに対応することができるようになります。
これから太陽光発電はどうなっていくのか?
これから太陽光発電はどうなっていくのでしょうか?本当にどんどん普及していって、電力源として主流となりうるのでしょうか?それとも一時的なムーブメントに過ぎず、そのうちに廃れてしまい、その他のエネルギー供給源が主流になってくるのでしょうか?導入の可否判断をするために、大きな流れとして捉えて頂けたら幸いです。
2012年施行された全量買取制度について
2012年7月に全量買取制度と呼ばれる制度が施行された。これは、再生可能エネルギーによって発電された電力を一定額で電力会社が買い取ってくれるという制度で、財源は各家庭が負担する再生可能エネルギー負担金となっている。
太陽光発電の長所と短所
太陽光発電システムには固有の長所と短所があります。メリットとデメリットは、人が活用することで生まれる活用効果を表すものですが、ここでは、システム自体が持っている太陽光発電の長所と短所について記したいと思います。