太陽光発電って本当はメリットとデメリットどっちなの?

太陽光発電って得なの?

太陽光発電を導入することは、メリットが大きいの?

 

それともデメリットの方が大きいの?

 

実際に導入した人は得したの?損したの?

 

我が家へ設置したらどうなの?

 

太陽光発電を導入することがメリットかデメリットか?考える画像

 

そんな疑問を抱く方は多いのではないでしょうか?

 

結論をお伝えしましょう。

 

設置する場所によって異なります。

 

ただし、以下の点から検証すれば、得なのか損なのかわかりやすいと思います。

 

 

設置予定場所に太陽がしっかり照っているか?

 

設置場所を営業エリアとする安い太陽光発電販売業者があるか?

 

 

この二点を満たしさえすれば、確実にメリットの方が大きくなります。

 

過去の設置事例を見ても、しっかりと自分の意思で導入を決めた方は、

 

納得しないまま強引に購入された方を除いては、

 

太陽光発電について非常に満足している方ばかりで、

 

10年以内に初期投資金額を回収できる方も多くあります。

 

 

ただし、以下の点に注意が必要です。

 

 

設置場所の日当たりがよくても傾斜や向きが悪いと発電量が少なくなる。

 

豪雪地帯だからと諦めていたのに本当はたくさん発電量を確保できたりする。

 

離島のため導入コストが高くなると思っていたけれど意外と安く設置できたりする。

 

南国だから大丈夫だと思っていたのに、実際のところ回収に10年以上かかることもある。

 

周囲の建物の状況に左右されるので最終的には現地調査を実施すべき。

 

 

 

大切なことは、固定観念に縛られることなく、

 

まずは見積とシミュレーションを取得してみることです。

 

 

先入観に囚われて、しっかりとしたシミュレーション分析をしなかったために、

 

回収期間が長くなってデメリットが大きかったって思っている方も実際にいらっしゃいます。

 

また逆に同じように先入観に囚われて、どうせダメだろうと思っていたけれど、

 

実際には非常にたくさんの発電量を確保することができて、

 

もっと早くに導入しとけばよかったって機会ロスを後悔する方もあります。

 

得に全量買取価格が高かった2012年度に悩んでいて、

 

2013年度に入って見積とシミュレーション依頼をかけて発注した方などは、

 

ほんのわずかな違いで収益に大きな差が出るため悔しい思いをされています。

 

 

ただし、過ぎた過去は戻りません。

 

これからのことを考えた時には、全量買取制度の買取単価が最も高いのは、

 

今年度であることは間違いなく、さらに補助金などの手厚い補助を受けられるのも、

 

間違いなく今年度であることは変わりません。

 

つまり、もし太陽光発電に興味があるのであれば、できるだけ早くに見積とシミュレーションを取得して、

 

その結果を元に導入するか否かを決定することが大切だということです。

 

詳しくは、太陽光発電導入するか否か検討する3ステップをご覧下さい。

 

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル