再生可能エネルギーと地球環境

再生可能エネルギーと枯渇性エネルギー

再生可能エネルギーとは、広義には、太陽・地球物理学的・生物学的な源に由来し、

 

自然界によって利用する以上の速度で補充されるエネルギー全般を指す。

 

狭義には、多彩な利用形態のうちの一部を指す。

 

太陽光、風力、波力・潮力、流水・潮汐、地熱、バイオマス等、

 

自然の力で定常的(もしくは反復的)に補充されるエネルギー資源より導かれ、

 

発電、給湯、冷暖房、輸送、燃料等、エネルギー需要形態全般にわたって用いる。

ウィキペディアより抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC

 

一方、再生可能エネルギーの対義語としては、枯渇性エネルギーがあります。

 

枯渇性エネルギーとは、限りある地球資源を使うエネルギーのことで、

 

石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料や、ウラン当の地下資源を活用するもので、

 

量に限りがあるものをさします。

 

それぞれの代表的なものを下の表にまとめました。

 

太陽光発電は、再生可能エネルギーの代表的なシステムで、

 

太陽光エネルギーを電気に変換する仕組みをさします。

 

太陽光は、無限に地球に降り注ぐエネルギーであり、決して絶えることはありません。

 

他の手段では、使用することなく、ただ地球に降り注いでいるだけのものです。

 

それを有効に活用しない手はないと考えるのは、非常に当然の流れと思います。

 

また、電気への変換工程において、副産物を一切出さないクリーンなエネルギー源であることに、

 

もう一つの大きな特徴があります。

 

当然、メリットもあれば、デメリットもあるのですが、

 

他の再生可能エネルギーに比して、非常に大きな期待を持たれているのと同時に、

 

実際に近年目覚しい普及をとげている分野でもあります。

 

再生可能エネルギー 枯渇性エネルギー

化石燃料
・石油
・石炭
・天然ガス
・オイルサンド
・メタンハイドレート
核燃料
・ウラン

太陽光エネルギー
太陽熱エネルギー
風力エネルギー
潮力エネルギー
地熱エネルギー
バイオマスエネルギー
雪氷熱エネルギー

 

一言に再生可能エネルギーと言っても、上記のように非常にたくさんあるのが実情です。

 

当然のことながら、それぞれにメリットとデメリットがあり、

 

一概にどれが最もよいということはわかっていないのが現状です。

 

その中でも太陽光発電は、一般家庭でも導入することができるのは、

 

非常に大きなメリットであるのは間違いないことだと思います。

 

地球環境のために、エコ生活を送る方が増えているのですが、

 

現在の電力は、そのほとんどを火力発電と原子力発電で賄っている背景から、

 

そういったエコとは真逆の電力ではなく、クリーンな電力として導入する手段が、

 

準備できているという意味においては、非常に有効なことと思います。

 

一方で、どうしても導入することで経済的なデメリットを被ってしまう方もあります。

 

それは、十分に発電量を確保できない場合です。

 

全体的なメリットとデメリットを勘案した上で検討されることをオススメしたいと思います。

 

詳しくは、

 

太陽光発電を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップ

 

をご確認下さい。

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル