太陽光発電メリット・デメリットを知ろうと産経ニュースの記事

しっかりと太陽光発電のメリットとデメリットを知ろう!


住宅の太陽光発電 注意点の冊子作成へ デメリットも知って検討を

 

クリーンで再生可能なエネルギーとして東日本大震災以降、一般家庭での設置が急増している太陽光発電システム。電気代節約や売電などのメリットがいわれることが多いが、不具合や故障が生じるケースもある。デメリットも知ったうえで設置を検討してもらおうと、消費者グループが注意点をまとめた冊子を作成中だ。(平沢裕子)

 

 

 

消費者目線で

 

 冊子作りに取り組んでいるのは、日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会東日本支部「エネルギーとライフスタイル研究会」の会員10人。研究会は日本のエネルギー供給の現状を学ぶことなどを目的に平成21年に設立。これまでに「くらしとエネルギー」などをテーマに、専門家を呼んでのシンポジウムや勉強会を開催してきた。

 

 太陽光発電に注目したのは、消費者が直接関与できる数少ない再生可能エネルギー源の一つのためだ。設置には200万〜300万円と高額な費用が必要だが、「メンテナンスフリー」「余った電気を電力会社に販売できる」などメリットをうたう情報ばかりが目につき、メンバーらは「消費者は長所・短所を本当に理解したうえで設置しているのか」と疑問に思ったこともあった。

 

(中略)

 

 ■トラブル相談、5年前の2.6倍

 

 全国の消費生活センターなどに寄せられる太陽光発電に関するトラブルの相談は、平成24年度は4407件で、5年前の2.6倍に増加した。

 

 国民生活センターによると、説明通りの発電量にならないことに対する相談が目立つという。最近の事例では、パネルに積もった雪が子供の頭を直撃し、けがをした▽訪問販売で契約し、代金を払ったが半年過ぎても取り付けてもらえない−などがある。

 

 同センターは、補助金を受けることができる条件▽発電量や売電額の目安▽必要な諸費用−などの情報を自分で収集し、業者の説明に問題がないか確認するよう呼び掛けている。


http://sankei.jp.msn.com/life/news/130703/trd13070307410002-n2.htm

 

以上、2013年7月3日に産経ニュースに掲載された記事から抜粋しました。

 

まさに、私が太陽光発電メリットデメリット検証.netでお伝えしている内容と思います。

 

業者に問合せをする前に、しかっりと太陽光発電のメリットとデメリットを見極めて、

 

きちんとした判断基準を培った上で、業者へ見積もり依頼をするということです。

 

しかも、当サイトでは安心な業者まできちんと紹介しているので、

 

しっかりと手順に則って検討してもらえれば間違いなくトラブルになるようなことはないでしょう。

 

そういう意味で、当サイトの目指す方向性を評価してもらえてことは非常にうれしいし、

 

今小冊子を作っているとのことでしたが、小冊子がなくても、

 

当サイトを見さえすれば、問題が起こることはないわけで、すでにここの記事を読んでくれている方は、

 

非常にラッキーということができると思います。

 

 

そもそもどうしてトラブルが起こるのか、ということを考えると、いくつかの原因があります。

 

もっとも、大きな要因は、販売店選びを間違っていることです。

 

どれだけ太陽光発電に詳しくなっても、販売店選びが間違えば、

 

決してうまくいくことはないと思います。

 

なぜなら、正確な情報を提供してくれないし、最適な価格で商品を提供できないからです。

 

逆に販売店選びがうまくいけば、どんなに太陽光発電に関する知識がなくても、

 

成功事例を作ることができるでしょう。

 

なぜなら、あなたが満足いく太陽光発電の導入のために、

 

販売店が手とり足とり導いてくれるからです。

 

正確な情報を提供して、しっかりとした判断軸を与えてくれるということです。

 

そういう意味では、販売店選びがすべてということができるでしょう。

 

>>太陽光発電の設置で最も注意すべき点は販売店選びです。

 

しかし、一方できちんと主体的に情報分析と判断基準の確立も目指すべきです。

 

当サイトでは、正しい情報提供と判断基準を紹介しているのは、

 

まさにこのためなのです。

 

つまり、正しい販売店選びをすることと、自身の中に正しい判断基準を作ること、

 

この二つが当サイトがミッションとすることです。

 

とにかく、太陽光発電導入を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップ

 

まずはしっかりとご覧下さい。

 

太陽光発電の導入にあたって、必要な情報のすべてが詰まっています。

 

あなたに必ず役立つ情報であることをお約束します。





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電メリット・デメリットを知ろうと産経ニュースの記事関連ページ

住宅用を産業用太陽光発電が上回った。
スマートジャパンが2013年6月5日に発表したところによると、住宅用の太陽光発電を産業用太陽光発電が上回ったとのこと。これから住宅用も産業用も市場をどんどん拡大していくことが予想される。
シャープ工場集約の真相
シャープがアメリカで稼動させていた太陽光発電工場を2014年3月末までに、イギリス工場を2月末までの撤退することを発表した。日本の太陽光発電メーカーの工場集約は、何を意味しているのか?真相を記載してみたいと思います。
太陽光発電を導入している中流層
産経ビズでは、所得層に応じてどのようなサービスをどの程度利用しているか分析している。その中でいわゆる中流層が太陽光発電に非常に高い関心を示していて、実際に導入している人が多いということが浮き彫りになった。記事を転載して分析してみた。
太陽光発電ブームは今後どうなるか?
太陽光発電ブームが到来している。これはもう言わずと知れた周知の事実になっていることは間違いない。では、これからそのブームはどうなっていくのだろうか?朝日新聞の記事を転載して読み解く。
太陽光マンガ解説ecotについて
太陽光マンガ解説ecotとは何でしょうか?太陽光発電アドバイザーという立場から、分析してみました。
ソーラーパネルで損した
ソーラーパネルを導入して損した・・・。そんな声をお探しのあなたへ、太陽光発電の本当のところをご紹介したいと思います。販売業者やポータルサイトは絶対に言わない真実の情報を提供します。
26年度(2014年度)全量買取制度の売電単価決定!
全量買取制度における太陽光発電による売電価格の平成26年度(2014年度)単価が決定しました。前年度に比べて家庭用はほとんど変わりませんが、産業用は大きく値下げとなりました。
太陽光発電見積もり比較探究
太陽光発電の見積もりを比較・探求して、得られるメリットを最大にするためには、どうしたらよいのでしょうか?