太陽光発電のメリット・デメリット2013年導入の場合

2013年に太陽光発電を設置するメリット・デメリット

2012年太陽光発電は、非常に大きく飛躍しました。

 

同年6月に施工された全量買取制度を契機として、

 

過去ないレベルで普及していきました。

 

事業用としても大規模発電所の建設が相次ぎ、その勢いは留まることを知りません。

 

このページでは、そんな流れの中、

 

2013年に太陽光発電を導入することのメリットデメリット

 

完結にわかりやすく、まとめてみました。

 

 

ちなみにドイツを始めとした欧州での普及は日本よりもはるかに多く、

 

2012年の普及した割合は、世界第3位と報告されています。

 

そう考えると日本もまだまだ伸びしろが大きいと考えてよいでしょう。

 

 

以下のメリットとデメリットを考えた上で判断して下さい。

 

その上で太陽光発電導入を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップをご参照下さい。

 

こちらのページには、基本的なメリットとデメリットがまとめてあります。

 

以下2013年度に導入する場合の特徴をまとめてあります。

 

 

 

2013年に太陽光発電を導入するメリット

2013年に太陽光発電を導入するメリットを解説していきます。

 

チェックポイント13月末までに完工するのであれば、全量買取制度の単価が42円で10年間固定となる。

 

 

 

これは、2013年度から全量買取制度における売電単価が下がることに起因するものです。

 

単価が下がることは決定しており、概ね30円代後半になる見込みです。

 

※2013年度は、38円/kwに決定となりました。(2013年4月追記)

 

当然数円程度なので、大勢に影響はないのですが、どうせ導入するなら単価が高いほうが

 

よいと判断できます。

 

 

 

チェック2仮に4月以降の導入であっても現状は買取金額が38円である。

 

 

買取単価が下がるとはいえ、10年間固定で1kWあたり38円で買い取ってもらえることは、

 

非常にメリットが大きいと考えられる。

 

当然2014年以降はさらに安くなることが見込まれるからだ。

 

表向きは、太陽光発電の流通価格が云々という話だけれど、

 

実際のところは、その財源の問題だ。

 

 

全量買取制度の財源は利用者の負担金によってまかなわれている。

 

ドイツなどでは一家庭あたり1,000円程度の負担金が発生しているらしい。

 

日本ではまだ数十円単位だけれど、このままいくとあっというまに数百円程度にはなる。

 

そうなったときに、どうしても批判を受けるおそれがある。

 

それを回避するためにも、少しずつ買取単価を下げていく必要があるのだ。

 

場合によっては、突然打ち切りになることもないとは言えない。

 

※ちなみにすでに全量買取制度の適用を受けたところは、導入から10年間は、
導入時の金額で買取されることが保証されている。

 

導入するにしてもしないにしても、あなたにとって太陽光発電はメリットが大きいのか、

 

それともデメリットが大きいのか、しっかりと確認することが必要になります。

 

今すぐ太陽光発電導入を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップをご覧下さい。

 

 

 

簡単3ステップへのリンク

 

お金は一切かかりません。しつこい営業を受けることも一切ありません。

 

 

2013年に太陽光発電を設置するデメリット

2013年に太陽光発電を設置するデメリットについて解説していきます。

 

 

チェック1今後もっと性能がよいシステムがどんどん出てくる。

 

 

科学の進化は早い。数年でその時には最先端だったテクノロジーが遅れをとる時代。

 

当然太陽光発電の開発もものすごいスピードで進化しています。。

 

現状の発電効率が2020年度には、倍近くなる見込みでいます。

 

当然、2013年に導入した機器は、2020年には型落ちになっていることは間違いない。

 

一方で、それまでの間の7年間で発電したものを考えるとどうでしょう?

 

つまり、2020年に導入するとした場合、2013年から7年間は屋根の上には何ものらない。

 

システムが導入されていないので、何の価値も生み出さないのです。

 

そう考えると、どちらが得なのでしょうか。

 

機会ロスの観点から考えてみたら明白かもしれない。

 

 

チェック4月以降は買取単価が下がる。

 

 

買取価格は、kWあたり42円⇒38円に下がりました。

 

約1割の低下です。

 

でも、その一方で販売価格も併せて下げられてきました。

 

おおよそ一年間で販売価格も約一割下がったのです。

 

費用対効果を上げて顧客に有効性を訴えかけるためです。

 

そう考えると、何はともあれ費用対効果を検証することが大切と言えるでしょう。

 

太陽光発電で絶対にトクする3ステップをご確認下さい。

 

 

簡単3ステップへのリンク

 

 

 

お金は一切かかりません。しつこい営業を受けることも一切ありません。





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル