太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。

太陽光発電・ソーラー・太陽発電のシステムと仕組み

太陽光発電・ソーラー・太陽発電とは、無限に照射する太陽エネルギーを活用して、

 

電力を作り出し、まずは自己消費するために使い、余った分を売電に回し、その数値を集計する、

 

トータルの仕組みを意味します。

 

 

その中で、もっとも重要な部位となるのが、太陽光発電モジュールです。

 

別名太陽光パネルとも呼びますが、直接太陽光エネルギーを電気に変えるセルを組み合わせることで

 

できており、主にシリコンと呼ばれる物質で構成されています。

 

 

さらに、そこで発電された直流の電気を家庭で手軽に使うことができる、交流に変換する、

 

パワーコンディショナーという部位が次に接続されています。

 

パワーコンディショナーでは、いかに効率よく直流電力を交流に変換することができるか、

 

という変換効率がもっとも重要視されます。

 

どれだけ多くの電力がモジュールで作られたとしても、

 

その電力を交流に変換する際に、ロスが多く出てしまっては、全く意味がなくなってしまうからです。

 

 

そして、買電メーター・売電メーターで計測され分電盤から各コンセントに分配されます。

 

このあたりの部位は、太陽光発電に限らず、似たような設備が通常のお宅に配置されています。

 

 

この一連の太陽光発電システムにおいては、基本的に蓄電装置がありません。

 

なので、いくら日中多く発電したとしても、夜電気を使う際には、電力会社から電気を買う必要があります。

 

つまり、発電した電気は、そのまま使用されるか、売却されるかのどちらかになります。

 

 

全量買取制度が実施されている現状にあっては、

 

買電の単価が、売電の単価の半分ほどなので、できるだけ電気は購入して、発電した電気は、

 

できるだけ売却したほうが収支の数値はよくなるのですが、

 

今後全量買取制度がなくなった際には、基本的には、緊急時の電力源確保という意味合いから、

 

蓄電池の導入も検討しておくこともおもしろいかもしれません。

 

蓄電池があれば、場合によっては、電力の完全自給自足もできるからです。

 

そうなれば、緊急時のみならず、環境負荷という点において非常に強いメリットになるでしょう。

 

 

ただし、現状では蓄電池の性能、価格が普及するには少し劣っている状況ですので、

 

将来的に、というふうに見ていただくか、あるいは、東芝のような蓄電池の標準装備された、

 

太陽光発電システムを検討するのも一つと思います。

 

いずれにせよ、経済性のみを考えたらば、今は売電量を増やしたほうがよいので、

 

とりあえず、蓄電機能については、先送りしても問題ないでしょう。

 

実際に導入を検討する際には、当サイトのメインコンテンツ、、

 

太陽光発電導入を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップ

 

をしっかりとお読み頂いた上で検討されることをオススメします。

 

 

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。関連ページ

太陽電池の仕組み
ここでは、太陽光発電システムの基幹を為す太陽電池の仕組みを紹介します。太陽光パネルなどの呼び名でわかりますが、厳密に言葉の使い方が定義されています。主な種別などさまざまな観点からわかりやすく説明して参ります。
どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?
どうして今、再生可能エネルギー特にその中でも太陽光発電がもっとも注目を浴びているのでしょうか?マクロな視点で太陽光発電のメリットと可能性について少し考えてみたいと思います。対照的なエネルギー、枯渇性エネルギーとの比較において捉えて下さい。
太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ
太陽光発電システムを発注してから工事、運用までの一連の流れを説明しています。意思決定から運用までの具体的な流れを知っておくことで不安なくスムースに対応することができるようになります。
これから太陽光発電はどうなっていくのか?
これから太陽光発電はどうなっていくのでしょうか?本当にどんどん普及していって、電力源として主流となりうるのでしょうか?それとも一時的なムーブメントに過ぎず、そのうちに廃れてしまい、その他のエネルギー供給源が主流になってくるのでしょうか?導入の可否判断をするために、大きな流れとして捉えて頂けたら幸いです。
2012年施行された全量買取制度について
2012年7月に全量買取制度と呼ばれる制度が施行された。これは、再生可能エネルギーによって発電された電力を一定額で電力会社が買い取ってくれるという制度で、財源は各家庭が負担する再生可能エネルギー負担金となっている。
太陽光発電導入時の補助金について
太陽光発電導入時にもらうことのできる補助金についてまとめました。国からと地方自治体からの2つの種類があります。太陽光発電を導入する際の大きなメリットということができるでしょう。デメリットは一切ありません。
太陽光発電の長所と短所
太陽光発電システムには固有の長所と短所があります。メリットとデメリットは、人が活用することで生まれる活用効果を表すものですが、ここでは、システム自体が持っている太陽光発電の長所と短所について記したいと思います。