太陽光発電がメリットなのかデメリットなのかを見極める方法

これであなたは太陽光発電が本当に得なのか見極められます。

次の3つの手順を踏むだけで、
あなたにとって太陽光発電はなのかになるのか、

 

簡単に見極めることができるようになります。

 

本当の太陽光発電のメリットとデメリットを知るためには、

 

具体的な場所で、一体いくらで導入できてどれだけ発電するか

 

調べることが、どうしても必要になるのです。

 

3つのステップ画像表示

 

以下に各ステップの具体的な手法を掲載しておきますので、手順を踏んで下さい。

 

その上で、太陽光発電を最も安く導入して、費用対効果を最大化する方法へと移ってください。

 

ステップ1:太陽光発電を導入すべきかどうか判断する公式を知る。

まずは、太陽光発電を導入すべきかどうか判断する公式を抑えてください。

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益 ≦ 10

 

初期投資費用というのは、太陽光発電を導入するのに必要となるお金のことです。

 

これは、ステップ2で簡易見積もりを取ることで概算を知ることができます。

 

発電により得られる利益は、見積もり依頼をかけた際に、一緒に得ることができるシミュレーションで、一年間におおよどの程度の発電量が見込まれるかを知ることで計算できます。

 

ちなみに、発電された電力は売電されれば、1kWhあたり38円の利益を得られます。

 

逆に自家使用されれば、各家庭の電力契約形態によって異なりますが、一般的に1kWhあたり24円程度の節電利益を得ることができます。

 

日中在宅していることが多い家庭では、自家消費量が多くなりがちですが、オール電化で調理器具を日中使うこと、エアコンをたくさん使う以外は、日中の電力消費量は少ないのが一般的です。

 

ただ、これは詳細な分析をしないとなんとも言えないので、平均的な家庭の売電7割、自家使用3割で考えると、1kWあたり34円程度の利益と計算するのが妥当な計算となります。

 

よって、以下を公式として活用してください。

 

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益(年間想定発電量kWh×34) ≦ 10

 

※1kWあたり38円の利益が得られるのは、2013年度の全量買取制度の適用を受けた場合で、向こう10年間この単価は継続されます。一方で、年度ごとに買取価格は、見直されるため、2014年度に入るとこの単価は下げられることになる可能性が高いです。

 

※初期投資費用においては、国からと地方自治体からの補助金が助成されます。2013年度においては、設備容量1kWあたり20,000円(1kWあたり41万円未満の場合)が国から助成されます。地方自治体からの助成金については、各自治体によって異なりますが、1kWあたり0円〜60,000円で幅広くあるので、販売店に確認されることをオススメします。この導入時の補助金も2013年度のもので、2014年度は国からの補助金はなくなってしまう可能性が高いと推測されています。

ステップ2:具体的にシミュレーションと見積もりを取得する。

まずは、簡易見積もりという設置場所の住所から簡単に取得できる見積もりとシミュレーションを取得します。

 

現在、さまざまな業者がいて、どこで見積もりを頼めばよいかわからないのが現状と思います。

 

一括見積もりサービスだけとってもたくさんあります。

 

そして、業者選びを失敗することは、すなわち太陽光発電の導入に失敗することを意味します。

 

なぜならば、あなたが太陽光発電を購入したり、そのための判断材料となる見積もりやシミュレーションを提供してくれるのは販売店であって、あなたは直接メーカーと取引するわけでも、太陽光発電アドバイザーの私と取引するわけでもないからです。

 

そこで、太陽光発電アドバイザーとして当サイト管理者の秋山慎也が絶対安心かつ優良なサイトを紹介したいと思います。

 

他のサイトが悪いとはいいませんが、このサイトを活用することで最もよい結果が得られる可能性は劇的に上がるでしょう。

 

 

タイナビイメージ

 

タイナビは、すでに100万人以上の方が利用しているサイトで、太陽光発電の一括見積もりサービス最大手のコンプライアンスがバッチリの業界の中では、最もよいサイトの一つです。
簡易見積といって現地調査をする前段階でも見積り依頼をかけることができる上に、面倒な手続きもなくたった1分の簡単な入力だけでシミュレーションを取得することができるのです。

 

当然、現地調査をしていないので、見積もり金額もシミュレーションもズレが生じてきますが、最初のステップとしては業者の訪問を受ける必要がないので、気軽に頼むことができます。もちろん、そんなの面倒くさいという方や、業者との対応に抵抗のない方は、最初から現地調査した上での見積もりとシミュレーションを取得するほうがよいのは間違いありません。この簡易見積もりの結果、導入してメリットが大きいという判断になれば、次のステップで現地調査を依頼することになります。

ステップ3:公式に当てはめて簡易判断をする。

タイナビの加盟店から簡易見積もりとシミュレーションが届いたら、ステップ1で紹介した判断公式にあてはめて導入すべきかどうかの簡易判断をします。

 

ここでは、あくまでも簡易見積もりとシミュレーションを基にするため、最終的な判断ではありません。

 

 

チェック

公式を満たしていれば、是非太陽光発電を導入して下さい。

 

 

チェック

もし、公式を満たしていなければ、一旦太陽光発電を導入しないでください。

数年後、太陽光発電の技術水準があがり、導入価格がもっと下がった時に再度検討しましょう。

 

もちろん、ここで公式を満たしている場合は、今導入したほうが得になるのは言うまでもありません。なぜなら機会損失は、どれだけ劇的にテクノロジーが進化して、価格が下がったとしても取り返すことはできないからです。

 

そして、最終的に最安値で、費用対効果を最も高く導入するために、次のステップとして最安値で太陽光発電を導入する方法へおすすみください。

まず、大事になる第一歩を歩みだしてもらうために

>>追伸 まだ根拠に乏しい太陽光発電を売るためだけに「あの手この手を使って情報を提供するサイト」から新しい情報を得ることが必要ですか??

 

ここで私がお伝えしたかったことは、あなたにとって太陽光発電が得になるか損になるか、まずはそれを見極めて欲しいということです。

 

最初にものべましたが、太陽光発電は設置場所の状況や環境によって、採算性が大きく異なる商品であり、机上の空論で太陽光発電はメリットが大きいとか小さいとか、リスクが大きいとか小さいとか、調べることにあまり意味はないのです。

 

まず、あなたが設置を検討している場所に太陽光発電を設置したらメリットが大きくなるのか、デメリットが大きくなるのか、それをしっかりと見極めて欲しいのです。その上であなたが気になる点をいろいろとこのサイトでみていってください。

 

私は、第三者機関に認定された公認の太陽光発電アドバイザーとして、販売店やメーカーにとっての利益ではなく、あなたにとっての利益になる情報を真剣に提供しています。

 

今すぐ、私の提唱する3ステップを利用してください。

 

まずは、太陽光発電を導入するかどうか判断する公式を知ることです。

 

そのうえで【公式/タイナビ】無料の太陽光発電一括見積もりサービスはこちら
に見積もり依頼をしてください。面倒な手続きはありません。住所など簡単な情報を入力するだけ、たった1分で入力できます。

 

そして、得られた見積もりとシミュレーションからあなたにとって太陽光発電は導入すべきものなのかどうか、判断してください。

 

本当に購入するかどうかの検討を始めるのは、そこからです。

 

導入すべきだとわかったら、最後に最安値で太陽光発電を導入する方法へおすすみいただくだけです。

 

そうすることで、あなたは太陽光発電を導入すべきかどうか知ることができ、導入したほうがよい人には、費用対効果が最も高くなる形で購入することができるようになるでしょう。

 

補助金や全量買取制度という国や自治体からの最強の助成があるいまのうちに・・・。

 

今年はじめに駆け込み需要過多のために購入できなくて後悔した人と同じ道を歩まぬように・・・。

 

まずは、買うか買うかは別として、3ステップを利用されるようおすすめいたします。

 

あなたにリスクはありません。いまから行動しておけば、間違いなく年度末の駆け込み需要までには判断できるでしょう。





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル