太陽光発電のメリット4 電力需要の抑制効果における優位性

市場全体における節電ニーズに貢献することができるというメリット

太陽光発電システムによる自家発電、自家消費をすることで、

 

電力会社から電気を購入しなくて済むようになります。

 

あるいは、発電量が少ない時や夜間等発電しない時についてのみ購入すればよく、

 

余剰電力については逆に供給することができるようになります。

 

これはダイレクトに社会貢献になります。

 

 

東日本大震災による原発の停止によって、日本は大都市圏中心に全国的な電力不足に

 

見舞われました。

 

一部地域の一時を除いては計画停電にはならなかったものの、

 

これからの時代を考えた時に、これからも大いに起こりうることと思います。

 

というのも、今後原発は廃止の方向に舵が取られるのは間違いなく、

 

そうすると火力発電を中心とした電力供給体制に依存することになります。

 

そうすると化石燃料が極めて重要な役割を担うようになるのですが、

 

化石燃料は日本ではほとんど採掘されず、輸入に頼っているのが現状です。

 

そうすると価格をコントロールすることが不可能で、

 

昨今のような不安定な国際情勢の中にあってはものすごくリスクを抱えている状況です。

 

また将来的に枯渇することが見えていることからもその需給バランスは今後も予断を許しません。

 

そういう背景から火力発電による電力供給も必ずしも永続的に安定することが考えにくく、

 

新たなるエネルギー源獲得の重要性は逼迫した問題と言えるわけです。

 

 

太陽光発電のメリット3が緊急時に自分たちで使う電力を自分に賄えるというメリットだった

 

のに対し、このメリットは、市場全体におけるメリットと定義づけることができ、

 

日本あるいは世界人類のための貢献という非常に社会的な意義のあるものと思います。

枯渇性エネルギーと再生可能エネルギーについて

発電に必要なエネルギーには、

 

「枯渇性エネルギー」と「再生可能エネルギー」の2種類があります。

 

 

「枯渇性エネルギー」

 

エネルギー源として数と量に限りがあるものを言います。

 

具体的には、化石燃料(石炭、石油、天然ガス、オイルサンド、メタンハイドレート等)と

 

核燃料(ウラン等)があげられます。

 

 

「再生可能エネルギー」

 

自然の力で定常的に補充さえれ、半永久的に利用(再生)可能なものをいいます。

 

太陽光エネルギーをはじめとして、太陽熱エネルギー、

 

風力エネルギー、潮力エネルギー、地熱エネルギー、バイオマスエネルギー、

 

雪氷熱エネルギーなどがあげられます。

 

これからを担うエネルギー源として研究開発が進められている分野です。

 

次へ進む

メリット5 送電ロスを抑制できるという優位性

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

メリット4 電力需要の抑制効果における優位性関連ページ

メリット1 環境面における優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。一番目のメリットは環境面における優位性です。太陽発電は地球環境にとって優れた発電方法と言われています。そのため、現在国を上げてその普及に力が注がれているのです。未来の地球のために、私たちは選択する必要があるかもしれません。
メリット2 コスト面での優位性(経済性)
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。二番目のメリットはコスト面での優位性(経済性)です。太陽光発電は、無料無限の太陽光エネルギーを電力に変換する仕組みです。つまり、無限の自然資源を価値=金銭に変える仕組みなわけです。そうすることで自家消費にせよ、売電にせよ、経済的な恩恵を受けることができるようになります。
メリット3 緊急時の優位性(非常用電源機能)
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。三番目のメリットは、緊急時の優位性、つまり災害等による停電時など電気を供給してもらえない時に、自分たちで電気を発電し光熱を確保できるということです。ただし、基本的には太陽光発電システムには蓄電機能がないので、日中日のあたっているうちに限定されるか、蓄電池を別途設置する必要性はあります。
メリット5 送電ロスを抑制できるという優位性
太陽光発電には内在するメリットとデメリットのうち、メリットを紹介していきます。五番目のメリットは、送電ロスを抑制できるという優位性があげられます。太陽光発電は自宅の屋根で発電するため、発電する場所と使用する場所が近接しており、道中でロスを発生させることがありません。言わば、電力の地産地消ということができ、非常に効率がよい仕組みになっています。