太陽光発電 メリット デメリット 三菱

三菱製太陽光発電のメリット・デメリットをお伝えしています。

三菱電機は、日本有数の財閥系企業体が運営する総合家電メーカーです。

 

太陽光発電も古くから研究してきており、総合家電メーカーよりも広い分野での

 

研究を武器に耐久性の強い太陽光パネルを作っているのが特徴的です。

 

ホームページのキャッチコピーにあるとおり、

 

たいせつなのは、「生涯発電力」で選ぶこと。

 

つまり、強くて長持ちする太陽光パネルであることが伺えます。

 

日本の屋根に適した形のマルチルーフシリーズが好評です。

 

 

「生涯発電力」
太陽光発電は、長期にわたって発電し続けることで、
初期費用を回収して利益を作る仕組みです。
どれだけたくさん発電したとしても、すぐに壊れたり、発電力が落ちては、
導入する意味が全くなくなってしまいます。

 

 

三菱電機がもっとも大切にしている「生涯発電力」とは、

 

太陽光発電システムが設置されてからて居される間にどれだけたくさんの

 

電力を発電することができるのかということです。

 

 

発電効率だけをいえば、東芝のパネルよりもパナソニックのパネルよりも、

 

どうしても劣ってしまうというデメリットを否定することはできません。

 

 

でも、長期にわたって雨や雪や塩害、温度などさまざまな環境要因に強く、

 

ずっと発電し続けて利益を運び続けることについては、

 

どこにも負けないというメリットを提供しているのが三菱電機なのです。

 

 

それだけではありません。

 

ただ、時間軸で長期にわたって電気を発電しつづけるだけではなく、

 

同じ面積の屋根で少しでも多くの発電量を確保できる工夫をしているのも一つです。

 

 

マルチルーフシリーズは好評を得ているのですが、

 

その屋根に積載できる最大のパネル数を可能にしているのが、これなのです。

 

 

つまり、他のメーカーだったら、例えば3.5kWのパネルしか載せられないけれど、

 

さまざまなパネル形のパネルを活用することで4.0kWまで載せることを可能にしたのが、

 

マルチルーフシリーズなのです。

 

 

もちろんパネルの変換効率も他社に大きく劣るわけではありません。

 

つまり、デメリットをカバーするだけの実力は兼ね備えているわけです。

 

 

さらに、パワーコンディショナーの直流の電気を交流に変換する変換効率は、

 

三菱製が世界No1です。

 

どれだけ太陽光パネルの変換効率がよくても直流では電気を使うことも売ることもできません。

 

必ずパワーコンディショナーで交流に変換することが必要になります。

 

一般的に変換効率95%で高効率と言われる中で、三菱製は97.5%を達成。

 

表面的ではない、実際に運用して初めてその性能を実感できるのが、

 

三菱製太陽光発電の実力であり、大きなメリットとなっているのです。

 

 

発電力 × 耐久性 = 生涯発電力

 

 

 

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電 メリット デメリット 三菱関連ページ

シャープ
太陽光発電メーカーシャープ製品の特徴とメリットとデメリット、価格などを掲載しています。太陽光発電の日本メーカーNo1企業の力とは?参考になれば幸いです。
パナソニック
太陽光発電メーカーパナソニック製品の特徴とメリットとデメリット、価格などを掲載しています。日本の家電業界を引っぱてきた世界の松下の実力は?独自の技術力を紹介します。参考になれば幸いです。
東芝
太陽光発電メーカー東芝製品の特徴とメリットとデメリット、価格などを掲載しています。総合家電メーカーのなかでは圧倒的に後発組ながら世界最高の発電効率を誇るシステムを武器にシェアを急拡大しているメーカーです。
京セラ
ここでは、京セラ製の太陽光発電のメリットとデメリットをお伝えしています。京セラは住宅用太陽光発電のパイオニアで、古くからある古参のメーカーです。その耐久性溢れるパネルには定評があります。