太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ

太陽光発電導入までの流れ

太陽光発電の導入手続きその1
太陽光発電の導入手続きその2

 

太陽光発電の導入までの流れを簡単にまとめました。

 

上記の流れは、ソーラーリフォームの施工事例から転用していますが、

 

基本的にはどこも変わりません。

 

 

基本的に当サイトで扱っている内容は、太陽光発電に興味・関心を抱き、

 

実際にどんなものなのかを調べ、導入することでメリットがあるのかどうかを、

 

しっかりとした判断基準の元判断し、その上で導入するのだったら最も安く、

 

費用対効果を最大化するカタチで導入しようというものだ。

 

なので、検討段階〜発注までを当サイトは担っていると言ってよいだろう。

 

 

一方で、発注したあとは、完全に依頼した業者とのやり取りとなる。

 

そのやり取りがどのような流れで進行していくかを簡単に説明したいと思う。

 

 

上記の図を確認いただきたい。

 

実際に、当サイトは上の図でいくと、もっとも上の二つのライン「赤」と「オレンジ」の欄、

 

一つの画像を構成している場面までを受け持っている。

 

そこから下は、具体的な販売店とのやり取りになるのだが、

 

発注したらまずは、施工契約をする。

 

その際に補助金申請をするための書類も併せて記入するのが一般的だ。

 

このことで、販売店が面倒な補助金申請を適度なタイミングで代行してくれるようになる。

 

契約が終了したら販売店が補助金申請を代行してくれる。

 

受理されたら資材を販売店⇒メーカーへ発注して納品したら即工事開始だ。

 

おおよそ契約から2週間くらいで工事日を迎えることが多い。

 

 

※ただし、最近は非常に工事件数が多くなっているため、

 

場合によっては、もう少し時間を要することもある。

 

 

設置工事は、問題なければ1日から2日もあれば終了する。

 

そして、電力会社によって売電メーターの取り付けとシステムが正常に動くかを確認してもらい、

 

晴れて運用スタート。そして、メーカー・販売店によるアフターフォローに入る。

 

 

具体的に太陽光発電を導入するか否か迷っている段階の方は、こちらをご覧下さい。

 





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ関連ページ

太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。
太陽光発電とは何でしょうか?一般にソーラーとも呼ばれていて、太陽光が照射されることで電気が発電する仕組みになっています。ここではその原理を簡単に解説してあります。
太陽電池の仕組み
ここでは、太陽光発電システムの基幹を為す太陽電池の仕組みを紹介します。太陽光パネルなどの呼び名でわかりますが、厳密に言葉の使い方が定義されています。主な種別などさまざまな観点からわかりやすく説明して参ります。
どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?
どうして今、再生可能エネルギー特にその中でも太陽光発電がもっとも注目を浴びているのでしょうか?マクロな視点で太陽光発電のメリットと可能性について少し考えてみたいと思います。対照的なエネルギー、枯渇性エネルギーとの比較において捉えて下さい。
これから太陽光発電はどうなっていくのか?
これから太陽光発電はどうなっていくのでしょうか?本当にどんどん普及していって、電力源として主流となりうるのでしょうか?それとも一時的なムーブメントに過ぎず、そのうちに廃れてしまい、その他のエネルギー供給源が主流になってくるのでしょうか?導入の可否判断をするために、大きな流れとして捉えて頂けたら幸いです。
2012年施行された全量買取制度について
2012年7月に全量買取制度と呼ばれる制度が施行された。これは、再生可能エネルギーによって発電された電力を一定額で電力会社が買い取ってくれるという制度で、財源は各家庭が負担する再生可能エネルギー負担金となっている。
太陽光発電導入時の補助金について
太陽光発電導入時にもらうことのできる補助金についてまとめました。国からと地方自治体からの2つの種類があります。太陽光発電を導入する際の大きなメリットということができるでしょう。デメリットは一切ありません。
太陽光発電の長所と短所
太陽光発電システムには固有の長所と短所があります。メリットとデメリットは、人が活用することで生まれる活用効果を表すものですが、ここでは、システム自体が持っている太陽光発電の長所と短所について記したいと思います。