太陽電池の仕組み

太陽電池の構成と仕組み

太陽電池写真

 

太陽電池は、太陽電池セルが複数組み合わさって出来る太陽電池モジュール=太陽光パネルを

 

組み合わせて構成された太陽電池アレイの総称です。

 

下記の図を参照下さい。

 

太陽電池構成図

 

太陽光発電では、日光が太陽電池セルに照射されることで、

 

中のシリコンの中を電子が移動することで発電する仕組みです。

 

それが直列で結ばれた太陽電池モジュール単位でまとめられて流通していきます。

太陽電池の種類と分類

太陽電池の種類

 

上記のように太陽電池は、素材、特性、形態によって分類されます。

 

現在市場で流通している主流なものは、シリコン系の結晶型で、単結晶と多結晶です。

 

それぞれに特徴がありますが、現在国内に流通していて検討材料となるものを取り上げて、

 

簡単に解説していきたいと思います。

 

 

 

チェック

シリコン系結晶型単結晶は、発電効率がよいと言われていますが、価格が高めです。

 

 

 

チェック

シリコン系結晶型多結晶は、価格は安いですが、発電効率が単結晶に比べて落ちます。

 

 

 

チェック

化合物系無機物系のCISは、価格は高いですが、非常に高効率な発電が有名です。

 

 

 

ちなみに、近年は多結晶も性能を上げてきており、日本メーカーの多結晶は、

 

中国メーカーの単結晶と同等レベルと言われているくらいです。

 

ただし、当然のことながら日本メーカーの製品は高額で、中国メーカーの製品は低価格です。

 

金額も日本製の多結晶と中国製の単結晶が同等くらいです。

 

費用対効果を考えたときには、飛び抜けてこれがよいというものがないのが現状で、

 

各家庭の状況に応じて、最適のものを選択するのがベストだと思います。

 

詳しくは、太陽光発電導入を検討する前に必ずしなくてはいけない簡単3ステップをご覧下さい。





太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



太陽光のお見積り

太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル

太陽電池の仕組み関連ページ

太陽光発電とは?ソーラー・太陽発電とも呼ばれています。
太陽光発電とは何でしょうか?一般にソーラーとも呼ばれていて、太陽光が照射されることで電気が発電する仕組みになっています。ここではその原理を簡単に解説してあります。
どうして今、再生可能エネルギー太陽光発電が注目されているのか?
どうして今、再生可能エネルギー特にその中でも太陽光発電がもっとも注目を浴びているのでしょうか?マクロな視点で太陽光発電のメリットと可能性について少し考えてみたいと思います。対照的なエネルギー、枯渇性エネルギーとの比較において捉えて下さい。
太陽光発電システムの導入|発注から運用までの流れ
太陽光発電システムを発注してから工事、運用までの一連の流れを説明しています。意思決定から運用までの具体的な流れを知っておくことで不安なくスムースに対応することができるようになります。
これから太陽光発電はどうなっていくのか?
これから太陽光発電はどうなっていくのでしょうか?本当にどんどん普及していって、電力源として主流となりうるのでしょうか?それとも一時的なムーブメントに過ぎず、そのうちに廃れてしまい、その他のエネルギー供給源が主流になってくるのでしょうか?導入の可否判断をするために、大きな流れとして捉えて頂けたら幸いです。
2012年施行された全量買取制度について
2012年7月に全量買取制度と呼ばれる制度が施行された。これは、再生可能エネルギーによって発電された電力を一定額で電力会社が買い取ってくれるという制度で、財源は各家庭が負担する再生可能エネルギー負担金となっている。
太陽光発電導入時の補助金について
太陽光発電導入時にもらうことのできる補助金についてまとめました。国からと地方自治体からの2つの種類があります。太陽光発電を導入する際の大きなメリットということができるでしょう。デメリットは一切ありません。
太陽光発電の長所と短所
太陽光発電システムには固有の長所と短所があります。メリットとデメリットは、人が活用することで生まれる活用効果を表すものですが、ここでは、システム自体が持っている太陽光発電の長所と短所について記したいと思います。