太陽光発電を導入して得られる利益を試算してください。

太陽光発電を設置したらどれだけ利益を得られるか試算しましょう。

すばやく簡単に、あなたが太陽光発電を設置した場合どれだけの利益を得られるか試算してみませんか?

 

太陽光発電を導入したら一体どれだけ発電するのだろうか?もし、たくさん発電するなら導入してもいいかな・・・、あなたはそう思っているかもしれません。

 

太陽光発電は、2014年度に導入したら補助金がでるし、発電した電力は高額で買い取ってもらえて利益がすごく出るものだと聞いている。
でも一方で、以下のような不安や疑問を抱いていたりしませんか??

 

太陽光発電を検討している多くの人が懸念していること

  • あまりにもうまい話なので本当なのかわからない。
  • 太陽光発電詐欺の話も耳にしたりする。
  • 日射量なんてコントロールできないから、設置したはよいもののあまり発電しないなんてことになるかもしれない。
  • そもそも10年で初期費用を回収できるというけれど、耐久性の保証はあるのだろうか?
  • 大体いくらくらいで導入できるのだろうか?
  • どの業者だったら安心できる業者なのだろうか?
  • どの業者からだったら一番安く導入できるのだろうか?
  • どのメーカーの製品が最もよいのだろうか?
  • やっぱりやめたとなった時にしつこい営業をうけるのではないか不安で、シミュレーションも頼めない。
  • 自動で発電量をシミュレーションできるサイトを見つけたけど・・・、使い方がイマイチわからない。

 

太陽光発電アドバイザー

たくさんの不安や疑問、一体何をどういう順番で情報を取得していいかさえわからない、判断基準もない・・・、でも興味はある、そんな方は、このサイトをご覧頂くことですべての疑問を解決することができるようになります。

私は、日本住宅性能検査協会公認の太陽光発電アドバイザーとして、責任を持ってあなたに正しい情報をお伝えします。

 

 

※インターネット上にはさまざまな情報がはびこっています。くれぐれも怪しい情報に惑わされることがないよう、きちんと情報を発信している人が誰なのかを見極めることをおすすめします。

 

これから、本当に正しい「太陽光発電で利益を得られるか試算する方法」をご紹介します。

 

注意

しかし最初に警告しておきますと、ただ見積もりサイトや発電量シミュレーターなどで試算するだけでは、決してあなたが太陽光発電を導入して利益になるかどうかを知ることはできません。

 

なぜならば、どれだけたくさん発電するとシミュレーションが出たとしても導入価格が高かったり、そもそもシミュレーション自体に間違いがあっては無意味ですし、逆にどれだけ安く導入できるとしても、決してきちんと発電しなければ太陽光発電を導入する意味はないからです。

 

つまり、あなたにとって太陽光発電が本当に「よいもの」であるかどうかをしっかりと調べる次のステップを踏むことなしに試算もなにもあったものではないのです。

 

正しい太陽光発電を検討するための手順
正しい太陽光発電を試算する方法
※このステップに関しては、本当のメリットとデメリットを見極める方法でも詳しく書いています。

 

 

ステップ1

まずは、太陽光発電を導入して得になるかどうかの判断公式を知ってください。

初期投資費用 ÷ 発電により獲られる利益(年間想定発電量kWh×34) ≦ 10

 

これは初期費用を10年以内に回収することができるかを知るための公式です。
※この公式を活用するのに必要な数字は、ステップ2で得ることができます。
初期投資とは、太陽光発電を導入するのに必要になる金額のことで見積もりを取得することでわかります。ここで補助金が絡んでくるのですが、見積もりの中であなたが設置する場所で得られる補助金についても見積もりが内容を教えてくれるようになっています。
発電によって得られる利益は、あなたの場所で最適と思われるメーカーのパネルが一年間に発電すると思われる発電量を金額化するもので、見積もりと一緒に提出されるシミュレーションから知ることができます。
34をかけるのは、全量買取制度の適用を受けた上で自家消費する電力の分も含めて、発電した電力が1kWhあたりどの程度の価値になるかを算出した結果、平均34円になったことで設定してあります。
お住まいの地域によって業者が異なるため見積もりを取らないと知ることはできません。

 

 

ステップ2

全国対応!太陽光無料見積もりでシミュレーションを取得下さい。

所要時間1分で簡単に入力することができます。

 

 

  • その場所に最適なメーカー・機種を提案します
  •  

     

     

     

    ステップ3

    見積もりとシミュレーションで得られた数字をステップ1の公式に当てはめて、導入したらよいかどうか判断してください。

     

    もし、基準を満たすのであれば、2013年度中に導入してください。

     

    年度をまたぐと制度が変わってしまうため、メリットが薄くなってしまうからです。

     

    もっと製品が安くなるかもしれないとか、もっとよい製品が出るかもしれないと思われる方も多いと思います。実際にもっと太陽光発電は安くなるし、もっとよい製品が出続けることでしょう。

     

    しかし、全量買取制度と導入時の助成金は、今しか利用することができません。

     

    そのメリットを補うくらいに太陽光発電が安くなったり、よい製品が現れるは、かなり先のことと言わざるを得ません。それくらい今は、メリットが大きいと言ってもよいと思うからです。
    このサイトの中で、全量買取制度についても補助金についてもしっかりと解説してあります。

     

    まずは、上記のステップ1〜3を手続きして、あなたにとって太陽光発電がよいものであると確認してから、しっかりとこのサイトの中に書いてあることを読んでいってください。
    それまでは、特に調べたりする必要はありません。

     

    なぜなら、そもそも太陽光発電があなたにとってデメリットになるかもしれないからです。上記のステップ3で基準を満たさないということは、あなたにとって太陽光発電は不要なものだということだからです。無駄な時間を過ごさないためにも、上記ステップを実行していただき、しっかりと試算していただけたら幸いです。

     

    まだ、発注したり契約したりはしないでください。
    以上は、あくまでも試算するためのステップに過ぎないからです。
    実際に導入するとなったら、次のページで最も安く費用対効果を得られる方法を知ってください。
    最安値で太陽光発電を導入する方法





    太陽光用地を探しています。太陽光に適した遊休地をお持ちの方はこちらをご覧下さい。

    太陽光が設置できる屋根を探しています。工場などの屋根をお持ちで、20年契約で貸して頂ける方はこちらをご覧下さい。



    太陽光のお見積り

    太陽光のお問い合わせはフリーダイヤル